面倒です

このような感じですけれどもね。さすがにACLで北朝鮮相手の戦争はないね。気の毒だけどね。それでですけれども、はじまったACLですけれども、最初、韓国、中国、オーストラリアの3チーム合計って予選リーグを競り合いするか、こういう間の2チームという対戦して、タイヤベトナムなどのチームといった競り合いなんでね。
で、中国や韓国というチームは確実に競り合いしないといけないわけでね。エアポート近くのチームといった競り合いであれば、簡単でしょうが、そうでないときついものがあるのですよね。
中国であるのであれば、エアポートや都会ものの、北京とかそんなところであればよいですが、そうでないと、国内でまた動きというのがあるからね。そういうのは困難でしょうしね。
浦和もオーストラリアでしょ。時節が北半球と南半球で否認ですし、動き時間はもちろん長いですし、オーストラリアで置き換えあったみたいですし、往きは直行便でしたけれども、帰りはトランジットという結果ね。動き大変ですよ。おすすめのサロンサイト

面倒です